ベルノルド工法 べるのるどこうほう トンネル用語集 へ| 株式会社 渡辺 | 先人の想いを先進の技術で切り開く |  
用語集トンネル用語集>ベルノルド工法

トンネル用語集 へ


ベルノルド工法 / べるのるどこうほう トンネル用語集 へ


項目 べるのるどこうほう/ベルノルド工法
英語 Bernold lining method
独語 Vortieb mit Bernold Blechen
仏語 mthode de soutnement Bernold
意味 厚さ1〜5mmの波形にプレス加工された薄鋼板を、掘削後ただちに掘削面との聞に20〜30cmの空間を残して組み立て、その空間に硬練りのコンクリートを打設して一次覆工を完成させる工法である。ベルノルド鋼板は、覆工コンクリー卜の型枠と埋め込むことにより覆工の補強材をも兼ねている。この工法は、地山と覆工を一体化して地山の緩みを最小限に抑えることができ、しかも、従来の工法のような支保工、矢板、覆工用型枠、裏込め注入などを必要としないため、合理的かつ経済的な工法といえる。 
項目別 計画・設計