箱形トンネル(箱形シ-ルド)、箱形断面 はこがたとんねる(はこがたしーるど) トンネル用語集 は| 株式会社 渡辺 | 先人の想いを先進の技術で切り開く |  
用語集トンネル用語集>箱形トンネル(箱形シ-ルド)、箱形断面

トンネル用語集 は


箱形トンネル(箱形シ-ルド)、箱形断面 / はこがたとんねる(はこがたしーるど) トンネル用語集 は


項目 はこがたとんねる(はこがたしーるど)/箱形トンネル(箱形シ-ルド)、箱形断面
英語 rectangular shaped tunnel、box section
独語 Rechtecktunnel、Kastenfrmiger Querschnitt
仏語 sectlon rctangulaire
意味 覆工の形状が箱形のラーメン構造のトンネルで、開削トンネルの大部分を占める。箱形断面の特徴は、①掘削面積に対する有効断面の割合が大きい、②施工が比較的容易である、③道路、鉄道等では使用目的から求められる内空断面に対して効果的な形状である、④多層多径間の複雑な形状にも築造可能である、⑤土被りの大きい場合には、アーチ、円環等よりも大きな応力が生じ、壁厚が増加する、等である。箱形トンネルは通常開削工法で施工されるが、小断面で単純な構造の場合、シールド工法によることもある。 
項目別 計画・設計